欢迎欢迎文学世界 ~文学の世界へ ようこそ

日本的梅雨季节

日本的梅雨季节是在春天和夏天之间,天气不热不冷很合适。

如果我不出去工作,我喜欢下雨的天。从窗户看外边,水滴从上落下。雨吧房屋,树,人,车和城全部吞没了。下雨,全部的东西不动,城安静了。

在外边,五光十色的花和叶被雨淋湿変得鲜明。在河里鱼高兴地跃出水面,在草木上虫活泼的爬。雨給干燥的大地带来湿润,给人民带来平静。

看连续下的雨,我陷入错觉,好的事不好的事过去未来,全部被雨冲洗了。我特别喜欢下雨的夜。因为我感到雨引导我入睡了。

日本の梅雨

日本の梅雨は春と夏の間
暑からず寒からず気温は丁度好い

仕事に出ない日は、雨が好き
窓から外を見ると水滴が天から落ちてくる
雨が建物も木々も人も車も街全部を飲み込む
全てが動きを止め街は静まる

外では種々の花々が雨に濡れ鮮やか
川の魚は水面に跳ね、虫は草木を活発に這い回る
雨は乾いた大地に潤いをもたらし、人々に安静をもたらす

降り続く雨を見ていると、錯覚に陥る
好い事も悪い事も過去も未来も全て雨に流されるような
雨の夜は特に好き
雨が私を眠りに引き入れてくれるから

在东京下雪的天

在东京下雪的一天,我的可爱的女儿死去了。他是十三岁的猫。

它来我家的时候,它是仅仅一个月。它身体全白色,很小,它可以在我的手掌上。最初因为猫粮太硬,所以它不能吃。我的膝太高,它不能跳上来。

很快它生长了,到从书架上往下看我的了。我在洗手间的时候,它在门前等了我出来。我坐在桌前工作的时候,它躺在我的脚下。因为一起玩的时间非常快乐,所以我常常想早点回家。

时光流逝,它比我早点上年纪了。

某一天老猫不来吃猫粮了。我看它一天比一天瘦,我每天哭了。

一个月后,它死了。

東京に雪が降った日

東京に雪が降った日、可愛い我が娘が亡くなった
彼女は13歳の猫

あの子が我が家に来たのは生後一ヶ月
全身真っ白でとても小さく私の手の平にのった
当初は餌が硬くて食べられなかった
私の膝も高すぎて飛び乗ることができなかった

彼女はとても早く成長し、書棚から私を見下ろすまでになった
私が手洗いに行くとドアの前で私が出てくるのを待っていた
私が机について仕事をしていると、私の足元で横になっていた
一緒に遊ぶのがとても楽しいので、いつも外出から早く帰りたいと思った

時は流れ彼女は私よりも早く年をとっていった

ある日老いた猫は餌を食べなくなった 日一日とやせ細っていく彼女を見て私は毎日泣いた

一ヵ月後、彼女は死んだ

幸福在平凡的日常里

我的爱人非常喜欢野游。

晴天的假日,我们去附近的公园或有点远的河滩,带有法国面包和葡萄酒。我们大概走路二,三小时。一边走路一边看季节的花和树,听鸟鸣和鱼跃出水面的声音。途中我们休息一会儿吃面包喝酒。微风温和地爱抚我的面颊。

我感到那是幸福的片刻。

幸福は平凡な日常にある

夫は野外で楽しむのがとても好き

私たちは晴れた休日には近所の公園や少し離れた河川に出かける
フランスパンとぶどう酒を持って

大抵2、3時間歩く
歩きながら季節の花や木々を眺め、鳥のさえずりや魚が水面に跳ねる音を聞く
途中休憩して、パンを食べ酒を飲む
そよ風が優しく私の頬をなでる

私はこれを幸せと思う

沙漠的女王

时间越过越,和你一起的回忆越来越远了,我的悲哀跃增越大。没有你我的活力就越来越稀薄了。尽管你不喜欢我,我还是爱你。

虽然你背离我,但是我送给你我的生命,真心。
尽管对你的爱情越增越强,还是你能回到我身边的希望越来越渺茫了,像沙子表。

砂漠の女王

時がどんどん経ち、あなたと一緒の想い出は益々遠のき
私の悲しみはさらに大きくなる
あなたなしでは私の生きる力もだんだん弱くなる
あなたが私を好きでなくても、それでも私はあなたを愛している

あなたに裏切られても、私は命も真心もあなたに捧げる
あなたに対する想いは益々強まるのに
あなたが帰ってくる望みはだんだん消えてゆく
砂時計のように

客死国外

这里是天涯海角,异国的地方。战争败,我被囚了。大地结冻,寒风刺我的骨。

仰望天空,我想起遥远的故乡。心爱的妻子,小孩儿呀,因为我没回来,所以你们会想我为什么没回来。

尽管跟你们约定了我一定回来,但是我不能守往约定。唉!候鸟呀,越万里的山河飞到南国的话,就请一定告诉他们,我不能用我的两臂再抱你们一次,生地回来的希望不能实现,在这里最北的地方,我遗憾地将朽到了异国的土。我就要撇下你们死了,请宽恕我撇下你们。

如果我永远地入睡,让我做你们的梦。所以我一直可能跟你们一起。

異国に死す

ここは地の果て異国の地
戦に破れ囚われの身となり
大地は凍り、寒風は身を突き刺す

天を仰げば遥かな故郷を思い出す
愛しい妻よ、子供らよ
我が帰らざるを何故と思うていることよ
必ず帰ると約束したが、守れそうにない

ああ、渡り鳥よ
幾万里の山河を越えて南の国に飛んでゆくならば
必ず伝えておくれ
お前たちをもう一度我が胸に抱いてやることはできないと
生きて帰れる望み叶わず
ここ最北の地で無念にも朽ち果て異国の土にならんとす 許しておくれ お前たちを残してゆく私を

永遠の眠りにつけるなら
お前たちの夢を見させておくれ
そうすればずっと一緒にいられるから

没能飞的仔鸟

我始终想了我没能飞翔。我向上只看同志鸟在天上飞。

一天,我鼓起勇气从上树枝振翅跳下。落到地面上了。其他的鸟们嘲笑我。我多次多次从上树枝振翅跳下。落到地面上,摔倒,受了伤。其他的鸟们向我扔石头。石头碰在额头上,血流出来了。眼泪夺眶而出了。

我没有死心。不知道为什么。无论下雨的天,还是刮大风的天,我都一直连续振翅跳下。

一天早上,在眼下看见了城市,树林,河。意识到了我正在空中飞翔。

飛べない小鳥

いつも思っていた 僕には無理だと
空を見上げ 仲間が飛ぶのを見ているだけ

ある日勇気を奮い起こして木の枝から羽ばたいた
地面に落ちた
仲間たちが笑った
何度も木の枝から羽ばたいた
地面に落ちて転んで怪我をした
仲間たちが石をぶつけた
石が額に当たって血が出た
涙が出た

諦めなかった
なぜだか判らなかった
雨の日も風の日もずっと続けた

ある朝、眼下に見えた 町が、森が、河が
僕は空を飛んでいた

草原情歌

在草原雪还溶化不完。但是草木等不了春天,树枝吐起了芽。小鸟们向恋爱的季节准备完了。

你住在的都市在地平线的那边,去到你的都市,我旅行不起。驱马前进的话,我就策马策得着到草原边界。

给你写信的话,我就粘贴得起邮票。可是我的信空白,我不能写“早点儿回来”。我给你告诉不了对你的思慕。我满心里想的都是去年夏天和你一起过地幸福的时候。别的事我想不下。

你的心里,谁占得下吗?我一点都住不下吗?我想让你听得着春天的气息,小鸟们的鸣啭。我要马上把你领得着回来到这草原。

如果我等不了你,想死了的话,我就变成草原的风,追得着你到你的生命尽头。

草原情歌

草原では雪はまだ溶けきらない
草木は春を待ちきれず、木々が芽吹き始める
小鳥たちは恋愛の季節にむけて準備する

あなたの暮らす都会は地平線のかなた
私にはとても行けない
馬を駆けるなら草原の端までは行ける

手紙を書くなら、切手を貼ればいい
でも、私の手紙は空白、「早く帰ってきて」とは書けない
あなたへの想いを伝えられない
私の心は一杯
去年の夏あなたと一緒に過ごした幸福な思い出で
他の事は考えられない

あなたの心は誰が占めているの
私の入る余地はないの
あなたに春の息吹、小鳥たちのさえずりを聞かせたい
あなたをすぐに草原に連れて帰りたい

私があなたを待ちきれないで焦がれ死んだら、草原の風になってあなたの後を追うわ
あなたの命が尽きるまで